今は好景気の時代に突入したのか?

安倍政権が掲げる「アベノミクス」が始まり世の中賑わいを取り戻しつつあるのだろうか?
正直なことを申し上げると景気を判断するのは日本銀行ではあるが、実感するのは個人個人である。
良いことにも、現段階での「指数」では景気は順調に上向いているが実際は・・・
2008年にアメリカの投資銀行であるリーマン・ブラザースが破たんし、世界的な金融危機に陥りアメリカと大きくつながりのある日本にも大きな影響を与えた。
それから数年、政権が変わるなど日本史が大きく変わるといわれても過言ではない時を私たちは過ごしてきた Read the rest of this entry »

中国韓国とは距離を置くべき

日中友好や日韓友好を叫ぶ議員がおられます。国会議員だけでなく、知事や地方議会議員の方々にもそのような方々がおられるようです。しかし、国策として反日をやっており、世界中でわが国を貶める嘘をまき散らしている国々と、どうして友好関係を結ぶ必要があるのか、理解に苦しみます。
中韓は、「日本は世界中から嫌われている」と言いますが、そんなことはありません。寧ろ、他人を見下す無礼な振る舞いで世界中から嫌われているのは中韓のほうです。そのような国々と関係を深める必要性を感じません。
なぜ、中韓との友好を叫ぶ議員がいるのでしょうか。噂では、中韓から賄賂を貰っているとか、ハニートラップに引っかかっているとか、 Read the rest of this entry »

難しい日韓関係について思う事

8月9日、日本の岸外相と韓国の尹(ユン)外相が会談をしました。が、残念ながら日韓の関係改善までにはいたらなかったようです。尹外相が、日本側に歴史認識についての譲歩を要求した事について、「またそれか…。」と言う思いがしました。
なぜ韓国はここまで歴史認識にこだわり、慰安婦の像をアメリカの都市に置きたがるのでしょうか?私には理解できません。今、起こっている出来事ですら真実を明らかにするのが困難なのに、自国の主張する歴史を真実だと言って、 Read the rest of this entry »

最近の政治について思う事

最近の政治家の人達は何をやっているのか良く解りません。
3月の韓国船セウォル号の沈没事故の時は世界中の人々や日本の政治家の人達もよく頑張ってくれたと思います。
最近の一番印象に残っている政治家だったであろう議員の人は、名前すら忘れてしまいましたが、号泣していた議員の人です。
国民から徴収しているであろう税金に対して、明細書や領収書をもらっていなくて、泣きながら「知りませんでした。」じゃ、話にもなりません・・。 Read the rest of this entry »

アベノミクスが演出するバブル

安部政権になってから、景況感は大幅に改善しました。過度な円高の是正に政府が介入し、円安を通じて輸出企業の業績回復、株高を演出しています。
 インフレターゲットを導入して2%の目標値を設定し、日銀にそれを認めさせました。日銀は「異次元緩和」と銘打たれたリスク資産の買入等を通じて、インフレ目標を達成するまでこのような施策を継続するとしています。直近では、政府はGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)を動かし、株式等のリスク資産の組入比率の上限を撤廃させました。
 あらゆる方策を総動員して目標を実現しようとする政府の姿勢は Read the rest of this entry »

私が考える集団的自衛権。

私達の国日本はアメリカと日米安保条約を結んでいるんですよね。これは簡単に説明すると、万が一日本が他国から攻撃されたり脅かす事があればアメリカが、日本を守るために行動することになっているんですが
ただ、ここはポイントですけどもしアメリカが他国から攻撃されたら私達日本の自衛隊はアメリカ軍と一緒に戦うことはできない、というわけなんですよね。 Read the rest of this entry »

誰が政治家に向いているのでしょうか。

昔から政治家の不祥事は絶えないように思います。どこの党の議員さんが不適切な発言をしたと思えば、違う党の議員さんが政務活動費を不正使用したかもしれないとニュースになります。
私は不祥事以外の所でもこれでいいのかなと感じる事があります。ちょっとした事でも政治家達はけなしあっている様に見えるのです。私達国民は、どの党が与党になってもしっかりとした政治活動をしてもらえればいいのですが、政治家達は自分の党の保身のために、けなし合っている様に見えます。 Read the rest of this entry »

多くの人が持つ、政治観

私は、今まで、多くの事を知り、それについて考え、自分なりに結論を出し、どうすれば、解決出来るのかを友人や家族や先生と議論してきた。
しかし、経済政策は、これといって、良い打開策を思いついたことがあまりない。
そして、今の経済も、そのような、打開策はない、これといってない。
もちろん、アベノミクスは失敗した。
しかし、別に、私が今日、ここで、述べたいのは、こんなことでは無い。
私が述べたいのは、国家公務員の給料を上げた事の話だ。 Read the rest of this entry »

相次ぐ地方議員の不祥事

最近、相次いでいる地方議員の不祥事には本当に呆れます。号泣会見なんて歴史に残る面白さでした。やっていけないことをしてしまってみっともなく号泣してしまうなんてとても恥ずかしいです。そして中学生数人とLINEで連絡をとりあっていた議員さんもいます。そんなことは保護者とやればいいのになんて誰もが思ってしまうほどです。地方議員を決めるのも勿論、私達市民です。選挙に参加しない人達が増えていること、 Read the rest of this entry »

号泣議員は日本の政治を少し変えたかも

全世界の嘲笑を浴びた兵庫県議会の号泣議員ですが
「日本の政治を変えたくて議員になったんです・・・・」
という叫びは、はからずも少しだけ実現したかも知れません。地方議員のでたらめな経費支出が次々と明らかになっています。どれだけが摘発されていくか、地方議会総とっかえというようなところまで発展sるかは、今後のオンブズマンなどの奮起にかかっているとはいえ、 Read the rest of this entry »

姿が見えなくなった「保守派」

原発問題や防衛問題でも同じようなことがいえると思いますが、たとえば外交問題。中国と韓国に対して、次のようなスタンスを持つ人を想定してみてください。
「日中、日韓の友好を進めることは大いに必要だが、現況では両国ともにあまりに問題点が多い。言い分の理不尽な点はきっちりと指摘し、 Read the rest of this entry »

政治家の「責任」って、何でしょう?

安倍首相が前回在任時に、国会答弁で福島原発の地震時の電源対策について質問された件が一部で話題になっています。まったく問題ないとはねつけたのに、まんまと質問どおりの事故が起こってしまったのです。よく歴史小説などでは、部下の献策を一笑にふし、まんまとそのとおりになって大敗北を喫する無能将軍というのが出てきますが、この人の特異なのは、大敗北を喫したのは別の人(管元首相)で、 Read the rest of this entry »

経済状況は数年前より格段によい

政権交代があり、もうかなり経ちます。テレビや新聞のメディアを見ると“不況”だとか“家庭への経済的打撃”とか、政権交代前とそれほど変わらない言葉が並んでいるように感じます。
しかし、株価や円相場を見れば明らかに状況は変わっていますし、友人知人の誰にきいても「交代前より仕事が増えた」「交代前よりお客さんが増えた」という声が聞こえてきます。それはとくに大企業やある特定の職種というわけではありません。 Read the rest of this entry »

韓国との関係と慰安婦問題について。

近ごろ韓国との関係がなかなかに冷えきっていますね。まぁ、過去を遡って、関係が良好だったことがあるのか疑問ではありますが。
ちょうど私が大学を卒業する頃には李明博大統領が竹島に上陸するなどの領有権問題があり、今より関係が悪化していました。
朴大統領に代わり、今は竹島問題より慰安婦問題がクローズアップされているような気がしますね。朝日新聞のお詫びなどもあり、 Read the rest of this entry »